アルコール型判定遺伝子検査

あなたの
アルコールに対する
耐性をチェック!
遺伝子検査なので
パッチテスト
よりも正確

アルコール分解と遺伝子

アルコール脱水素酵素(主にADH1B)でアセトアルデヒドに分解されます。分解が遅いとアルコールが長く体内に残るため酔いやすく、お酒好きになりやすい。

2型アルデヒド脱水素酵素(主にALDH2)で酢酸に分解されます。分解が遅かったり、できないとアセトアルデヒドが体内に残り続けるため、不快な症状が続きやすい。

遺伝子検査で何がわかるの?

アルコール型一覧

わく

日本人の割合
54%

もはやざるの枠だけのよう、
底なしで飲めてしまいそう

すべての分解が速いので、酔い知らずのようです。飲みすぎにはくれぐれもお気をつけください。

サポート
食材

シジミ

ざる

日本人の割合
4%

ざるの目を越すように
際限なく飲んでしまいそう

アルコールの分解が遅く、その後の分解が速いため、不快な症状もあまりなく気持ちよくお酒と付き合えます。

サポート
食材

イカ

なみ

日本人の割合
3%

人並にはたしなめるようです

すべての分解が遅いので飲めそうに感じますが少したってから不快な症状がでてくることがあります。

サポート
食材

ターメリック

さる

日本人の割合
33%

顔が真っ赤になってしまう
ことが多いようです

アルコールがすぐに分解され、アルデヒドでの状態が長いため、長く不快な症状が続くことがあります。

サポート
食材

チーズ

げこ

日本人の割合
7%

お酒はなるべく
飲まないようにしましょう

基本的にアルデヒドが分解できません。アルコールを摂取しても不快なのでおすすめできません。

サポート
食材

トマト

お申込み・検査方法

郵送、あるいは代理店より
検査キットお受け取り

①申込書兼同意書
②アンケート
③サンプル
を封筒に入れ、シールで封をしてください。
(必ず説明書をよくご確認ください)

郵送、あるいは代理店にてお引取り

遺伝子解析データ判定。
分析レポートは郵送、
あるいは代理店よりお渡し

<約3週間>

サンプルの
採取方法

①飲食後30分以上あけ、水で2〜3回うがいをして口の中を清潔にしてください。

②ほほの内側の粘膜を専用スワブ(綿棒)で左右15秒ずつこすります。

③先端が他の物に触れないよう清潔な場所で約7~8分程度乾燥させてから元の容器に入れてください。

口腔粘膜の採取量が足りない場合や口中の異物、疾病により検査結果が 検出されない場合、再度、口腔粘膜の採取をお願いすることがあります。